実のところ「すっぴんのほうが可愛いのに」という印象の方も多い

すっぴんと化粧したときの顔が全く違って、素顔を見ると「別人ですか?」と思ってしまうような女性もたくさんいます。しかしその一方で、メイクしてもすっぴんとあまり印象の変わらない方も大勢います。この「すっぴんと化粧のギャップ」が大きい女性は、キレイに見せたい願望が強いのでしょうか?それとも自分の素顔に自信が無いのでしょうか?

実のところ「すっぴんのほうが可愛いのに」という印象の方も多いのです。これは男性の目から見ても同じのようで、「目力アップ」としてマスカラやアイライナーを多用している女性は、男性からすると「水商売みたい」と思われることがあるようです。過剰な化粧の仕方は下手をすると「下品」になってしまいます。それよりは、素顔を活かしたナチュラルメイクのほうが好感を得られます。特にビジネスシーンでは、派手なメイクは損をすることが多いのです。

素顔の持つ「美点」をどれだけ活かし、どれだけ自然にキレイで若々しく見せられるか、というのがナチュラルメイクの基本です。これは「手抜き」をすると絶対に失敗してしまいます。「本来の」ナチュラルメイクは厚塗りでごまかすよりもはるかに多くの手間と時間が必要です。それを惜しんでは「美人」になることはできません。

すっぴんと化粧のギャップを大きくしすぎ、素顔を見られることを恥ずかしがるよりも、自分の顔を好きになって、その長所をアピールするのが真の「美人」になるコツなのではないでしょうか。