素顔とのギャップがある人も多数派に

最近の女性はメイクのテクニックがすごいですね。

若い女の子は特に、早ければ中学生くらいから大人顔負けの

メイクテクニックを身につけています。

少し前までは、デパートのカウンターや、ファッション雑誌の

メイクコーナーを参考にしている人がほとんどだったと思います。

現在はそれらに加えて動画サイトでも、女性がメイクを完成していく姿を

公開していたりして、そのメイク後の変貌ぶりにびっくりしたことも

あります。なんでみんなあんなに目が大きいのだろう、と不思議に

思っていましたが、つけまつげや二重まぶた用接着剤を駆使したり、

アイライナーはもはや目ではないところから引いてみたり、驚きのテクニックが

あるようです。

私は過去に2人だけ、知り合いのすっぴんを見て誰だかわからないことが

ありました。共通してアイメイクをきっちりした人達でしたが、

ふだんも厚化粧の印象がありました。

最近の若い女性は、実際はメイクに時間をかけていても、

それがわからないくらい自然ですね。

目を大きく見せる時は口元の色を押さえたり、

眉も濃すぎないように絶妙にぼかしたり、厚化粧という

イメージがあまりありません。

便利なアイテムもたくさんあります。黒目を大きく見せる

コンタクトなどは、美容整形でも手にいれられない

昔では考えられないアイテムですね。手軽なのに顔の印象を

ガラリと変えてしまいます。先ほども書いた二重まぶた接着剤の

使用率も大変高いようです。もともと二重まぶたの人も、

二重幅を太くするため使うことがあるそうです。

メイクのテクニックが上がるにつれ、素顔からはとおざかって

いくわけで、初めてすっぴんを人に見せるときもかなり勇気が

いりそうです。ただ、素顔とのギャップがある人も多数派に

なりそうなので、そんなに驚くことでもないかもしれません。